鉄部塗装

下地処理

下地処理には様々なケースがあります。

  • 研磨紙(サンドペーパー)を使い面調整で済むもの
  • 皮スキやマジックロンなどを使い錆や劣化塗膜を除去しなくてはならないもの
  • サンダーなど電動工具を使わなくてはならないもの
  • 剥離材を使い旧塗膜を除去しなくてはいけない場合
  • 溶接などによって補修・修復しなくてはいけない場合

など劣化状況によって大きく施工内容が異なります。
重要なのは段差や劣化塗膜・錆を入念に除去・処理して、より綺麗に仕上げることです。

下塗

下塗りには鉄部屋根同様に様々な塗料がある為、適材・適所での仕様選定をすることが重要です。
また、鉄部塗装は仕上がりが他の部位に比べてとても目立つ箇所でもあります。
下塗りがしっかり乾燥してから研磨紙等で面調整を行うことも大切な工程の一つです。

※部位などにより面調整が難しい箇所もございます。

上塗

上塗材も屋根材同様に様々種類のものがあります。
外壁や屋根同様に予算に合った最良の仕様選択をする事が大切です。
また、周辺環境やメンテナンスサイクルなども考慮した仕様選定が重要です。
ポイントとしては外壁や屋根と同等ランクの仕様選定も大きなポイントです。
幾ら外壁や屋根で良い材料を使っていても鉄部が先に痛んでしまっては
メンテナンスサイクルがズレてしまい、余計な出費に繋がってしまいます。

鉄部塗装(雨戸)工事施工例


鉄部塗装施工例 鉄部塗装施工例