建物の塗り替え時期

建物は人と違い会話することは出来ません。
でも、建物を現れる劣化現象を診る事によって
その建物が今どういう状態にあるのか判断することが出来ます。
ここでは、その劣化現象などによって建物の塗り替えをする
適切な時期についてご説明いたします。

塗り替え時期の目安(劣化現象)は?

どんなに高価で長持ちする塗料を使っても

どんな工法で家を建てても

塗装塗膜は永久に保たれる物ではありません。

塗り替えの必要性の『塗り替えサイクル』でも述べましたが

塗装塗膜の耐久年数は7年~10年
新しい高級な商品でも12年~15年位が
塗り替えサイクルの目安の時期になります。

各ご家庭の条件や環境などによっても多少異なりますが
塗り替えを必要とする時期は必ず塗膜の劣化現象が発生いたします。

塗膜の劣化現象

塗膜の劣化過程から各建物の適性な塗り替え時期を判断いたします。

【塗膜の劣化過程】

①艶(光沢)が薄れるまたは消えてくる。

②表面が粉化(チョーキング現象)変色、退色してくる。

   外壁のチョーキング 外壁のチョーキング 

コケや藻が生えてくる。

   コケの繁殖 藻、コケの発生 

躯体や塗膜のひび割れが起きている

   ひび割れ  ひび割れ

⑤劣化部から紫外線、酸性雨等が浸入してくる。

   ひび割れによる塗膜の膨れ  ひび割れによる膨れ

⑥塗膜が剥がれてくる。

   塗膜剥離  塗膜剥離
   塗膜剥離  塗膜剥離

⑦漏水・腐食・脆弱化

   サイディングの腐食 漏水による膨れ、剥離 

塗り替えの時期としては③か④以前が最適な時期になるかと思います。 

(環境や天災等により劣化現象の発生順序が変わる場合もございます。)

塗り替え時期の目安表

大まかな塗り替え時期の目安としてご参考下さい。

建物年数劣化現象備考
1年~5年艶(光沢)の低下まだ塗り替えをしなくても平気な期間
7年前後~表面が粉化(チョーキング現象)変色、退色そろそろ塗り替えが必要な時期
7年前後~コケや藻の発生塗膜機能の低下、塗り替えが必要
7年前後~躯体や塗膜にひび割れの発生躯体・塗膜機能劣化、塗り替え・補修が必要
7年前後~劣化部から紫外線、酸性雨等が浸入躯体・塗膜機能劣化、塗り替え・補修が必要
7年前後~塗膜剥離の発生躯体・塗膜機能劣化、塗り替え・補修が必要
10年前後~漏水・腐食・脆弱化躯体・塗膜機能劣化、塗り替え・補修が必要

(環境や天災等により劣化現象の発生順序が変わる場合もございます。)

まとめ

建物の資産価値を低下させない為にも
適切な時期に適切な施工をすることが大切であり
費用対効果を考えたときにも重要になります。

また、塗り替えは最低でも建物に対して
3回から4回行わなければならない為
長期的な塗り替え計画を立てておくことも大切なことです!