○○坪○○万円のカラクリ

なぜ『坪』計算するのか?

塗装見積りを作成する際に一番面倒なのが
塗装面積の集計作業です。

図面

図面がある場合は図面からと現場調査から細かく拾い出し
図面が無い場合は現場調査のみとなるため
すべてが現場で実測を行わなくてはなりません。
実測は住宅でも最低1時間前後は掛かります。

なので○○坪○○万円と決めてしまえば
これら詳細な数量は一切必要ではなくなるため
見積に費やす時間と経費を削減することが出来ます。

無駄が省けて良いのでは?

まず、そのようなことは絶対に無いでしょう。
なぜなら正確が数量が分かっていない以上
まともな施工が絶対に出来ないからです。

本来の塗装見積りは
平米(㎡)数を図面や現場調査によって正確に算出し
各塗料メーカーの塗装仕様書に準じて
塗布量から必要使用量(缶数)と単価をはじき出します。

そうすることで塗料本来の性能や機能が発揮されます。

例えば
パズルが1ピースでも間違っていたら
いつまで経ってもパズルが完成しないように

塗料もちゃんとした塗布量を塗らなければ
本来の塗膜形成は完成しません。

料金も損をしている?

実は一見分かりやすくて
お得に見える
○○坪○○万円の表記ですが

  • 建物の形状
  • 建物の状態
  • 既存塗膜種類
  • 周辺環境

などによっても
凄く損をしている場合があります。

具体例

例えば
建物の形状が真四角の建物と
複雑に入り組んだ建物とでは
同じ建坪でも
外壁の塗装面積は大きく違います。

35坪:150㎡という建物もあれば
35坪:120㎡という建物だってあります。

外壁の面積比較

さらに

建物や塗膜の劣化状態によっても
その下処理に掛かる費用は大きく違ってくるため

塗膜と下地が健康な状態の場合:費用は0円
逆に
塗膜も下地も傷んでいたら:費用は10万円
という場合だってあります。

同じ費用でできるの?

建物の状態が良い場合と悪い場合では
絶対にその施工方法から使用材料まで
違ってくるため工事料金に大きく影響をしてきます。
また、建物によっても塗装面積が大きく違ってくるため
同じ費用ではまともな工事は難しいといえます。

だいたいコミコミ価格

多くの場合
水洗いや軒裏、破風、樋なども
コミコミ価格で一式表示されているために
お得に感じるかもしれませんが

それら外壁以外の塗装部位にも
しっかりとした塗装仕様や施工方法
塗装単価だって存在します。

なので見えないところでしっかりと
コミコミ価格に組み込まれています。

最悪なのはコミコミ価格をいいことに
手抜き工事(工程や材料を誤魔化す)
をされたとしまっても
その手抜き工事を見抜くことが難しくなります。

同じものはない

建物は建てた時期が違えば
使われている材料だって違います。
周辺環境だって違うし
施工した職人だって違います。

そう考えたら
そもそも一式やコミコミ価格
ましてや『坪』などという
一括りで誤魔化していては
絶対にまともな施工は出来ないでしょう。

比較する

最後にどのようにして見積書を
比較をすればいいのかを簡単にまとめておきます。

比較と検討

最初に見積もりを依頼する際は
必ず複数社から見積もりを取るようにします。

これは比較をする際に凄く重要です。
その際の注意事項として
必ず塗装仕様を同一にすることです。

1社はシリコン塗料で
もう1社はフッ素塗料では
材料価格が大きく違うために
比較、検討の材料にはなりません。

必ず同一の塗装仕様の見積りをもらいましょう。
その際に塗装仕様は2案~3案提案してもらいましょう。

一例として
外壁塗装の場合

1案目
下塗り
微弾性フィラー(各社だいたい同じような性能と価格)
上塗り
水性シリコン塗料(同じシリコンでもグレードが色々あるので一番良いもの)

2案目
下塗り
微弾性フィラー(1案目と同じ)
上塗り
一液弱溶剤型シリコン塗料(同じシリコンでもグレードが色々あるので一番良いもの)

3案目
下塗り
微弾性フィラー(1案目と同じ)
上塗り
水性フッ素塗料(同じフッ素でもグレードが色々あるので一番良いもの)
または
水性シリコン塗料(遮熱タイプ塗料)

一例ですので
建物によっては下塗りが
シーラーに変わったりする場合があります。
なので、適材でお願いしてから統一しても良いと思います。

価格ばかりに気を取られない

せっかく複数社から見積もりを取ったのなら
とことん比較して検討します。

大切なのは中身なので
平米(㎡)数はどのくらい違うのか
下地処理はするのか
使用塗料の選定方法は
施工手順や管理はどうなっているのか
どんな小さなことでも分からないことがあったら
なんでも質問しましょう。
プロなら何でも答えられるはずです!

無料見積